楽天本カード「ある方法」で2枚持てちゃう!請求を分ける方法

イラスト

楽天本カードは2枚持ちでる

楽天本カードは無料で2枚持ちが可能です

請求を分ける事がでる

家計と、遊びに使う請求を分けたい

家計と、仕事で使う請求を分けるといった使い方が可能になります。

1枚目の楽天カードと2枚目の楽天カードの支払い履歴(利用明細)を、それぞれ別にすることができます。

たとえば、家賃や光熱費など毎月固定で支払うのと、プライベートで支払うカードを別にすれば、家計を整理するときに便利です。

生活用と遊び用で支払いを別にできる

e-Naviに楽天カードを追加登録します。

すると、楽天カードの明細情報をコンボボックスで選ぶことができるようになります。

ETCカードを2枚持ちできる

通常ETCカードは本カード1枚につき1枚しか発行できません。本カード2枚持ちすればETCカードも2枚持てる?と思い、カスタマーセンターに確認しました。

1枚目(VISAシルバー)でETCカード → 年会費550円
2枚目(Mastercardゴールド)でETCカード → 年会費無料
で2枚発行可能で、ダイヤモンド会員ならシルバーのETCカードも年会費無料とのことです。(※年会費発生前月末の会員ランクで判定)

これが確かなら夫の楽天IDはダイヤモンド会員を維持しているので、2枚とも年会費無料で持てるということに。

今回2枚持ちできることが確認できました!

新しいカードを e-Naviに追加し、新しいカードを選んだ状態でETCカードの追加をすると

2枚目のETCカード年会費無料の画面が出てきます。

年会費無料になるのはダイヤモンド会員だからなのですが。

しかも、2枚とも年会費無料で持てちゃいます。

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 【1】初年度の年会費免除のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
楽天ETCカードの申し込み時点の、
楽天Point Club会員ランクが「ダイヤモンド会員」「プラチナ会員」の方は、
今回ご請求予定の楽天ETCカードの初年度の年会費は免除(無料)となります。
※免除となった楽天ETCカードの年会費は550円(税込み)です。

楽天からきたメール

e-Naviの請求

こんな感じで、無料で持てるのでありがたい。

楽天銀行+楽天カードSPU対象

楽天カードの支払いを楽天銀行に設定しておくと、SPU+1倍の対象になります。

今回2枚持ちして、経費精算と切り分けたいと思っていました。

元々のカード → 三井住友銀行

新しい2枚目のカード → 楽天銀行

とした時に、元々のカードはSPU+1倍の対象になるの?が疑問でした。今回のポイント付与状況から考えると、1枚目のカードでの支払いも SPU+1倍の対象になるようです。

どのカードで支払った分で、+1倍 582ポイントになっているか内訳明細が出てこないので確実には言えませんが、基本的に楽天市場で購入したものの支払いは、元々のカードで行っているので、新しい2枚目のカードが楽天銀行と紐づいている事で、このSPU +1倍の特典にはいっていると考えられます。