Microsoft VLSC ボリュームライセンスが有効期限切れ?いえ、違います

Microsoftのボリュームライセンスを購入したけどExpired?

Microsoftで、ボリュームライセンスを購入したのですが、有効期限切れと書かれています。これって、ソフトウェアライセンス(ソフトを使う権利)の有効期限が切れたのかと思い、焦ります。

2017-06-30 Expired

Expiredは期限切れとう意味です。

結論

これは、Openライセンスについての期限です。Openライセンスは製品追加購入ごとに2年間更新されていきます。ソフトウェアを使う権利に有効期限はありません。

例えばOffice Standard 2019のボリュームライセンスを購入した場合、これは永年ライセンスであり、2年後もずっと利用可能です。

Openライセンスって何?

Openライセンスは、Microsoftのボリュームライセンス販売形態です。

少数から購入でき、取次店に申込アカウントを作ってもらって購入していきます。

ボリュームライセンスって?

ボリュームライセンスを利用すると、パッケージ版を購入するより値段が安く、さらにライセンス数管理が簡単です。

Microsoft VLSCサイトにアクセスすると、すぐにライセンス数(使っていいソフトウェアの数)が分かります。

安くて

管理しやすい

のが特徴です。

例 Office Standard 2019は永続ライセンス?

Openライセンスで、Office Standard 2019を購入したとします。Office Standard 2019自体は永続ライセンスのデスクトップアプリケーションです。

ボリューム ライセンスで購入可能なスイート製品の比較

このMicrosoftのページにあるように、ボリュームライセンスで購入可能です。

永続版の Office アプリを 1 台の Windows PC または Mac にインストール: Outlook、Word、Excel、PowerPoint、Publisher

つまり、買い切りでソフトウェアを利用できるという事です。

Openライセンスの販売形式がなくなる?

ところが、最近の発表ではOpenライセンスでの販売形式がなくなるとの事です。

Open ライセンスで提供される法人向け商品は、2022年1月以降、新規ライセンスの発行・オンライン製品の更新・SAの更新ができなくなります

現時点(2020年10月5日時点)では、Openライセンスで提供される 教育機関・官公庁・非営利団体向けの製品・Open Value/ Open Value Subscriptionについては変更の情報はなし

Open の後継として、Microsoft CSP で製品をご提供できます

今回は、【 Open ライセンス プログラムの変更 】 についてご案内しました。

便利に使っていたOpenライセンスですが、今後使えなくなるのは残念です。ライセンス購入・サポートなどを含めて勉強するのは大変だなと思います。また新しい考え方を勉強しなきゃかな。