違約金払わない方法 光コラボ乗換の注意点-開通には時間がかかるよ

楽天ひかりに乗り換え

ビッグローブ光から楽天ひかりに乗り換えます。

もちろん更新月を狙って。

え、開通まで時間がかかるの?ガーン

乗り換えの際に、準備しておかなくてはいけない事、手順をまとめました。

インターネットが利用できない期間が

うまく調整しないと、インターネットが利用できない期間ができてしまいます。解約金を払わなく良い更新月をねらって、インターネットが利用できない期間がないように申し込まないといけません。

開通スケジュール

申込から開通まで時間がかかるので、とりあえず申し込まないきゃ。

必須申請

ビッグローブへ事業者変更承諾番号の申請をします。乗り換える前の事業者に申請します。

ビッグローブは、この承諾番号を取得するのに電話をしなければなりません。また、この電話がつながりにくいです。30分ほど待たされました。

時間がない方はちょっと注意が必要です。

しかも、事業者変更承諾番号が届くのは、電話をした翌日になります。急いでいる方にとってはとっても迷惑な話。電話でその場で教えてもらえるわけではないんです。

それに送られてくるのはビッグローブのメール宛になります。これもビッグローブのメールを利用していない方にとっては大変迷惑な仕様になっています。

違約金の発生

違約金を発生させないためにはかなり注意が必要です。

楽天ひかりに申し込んだ後、利用できるのはどんなに早くても翌月になる

ここだけは押さえておかないと。

さぁ、更新月になったから申し込もうかではもう遅いんです。ビッグローブ光の更新月は1か月間しかありません。

「ビッグローブ光」解約手続き(事業者変更(転出))

解約ルール

ビッグローブ光の解約は他社コラボが開通する1日前です。1日前の23:59に切り替わります。なので、この1日前をよく考えておかないといけません。

転用元への費用の発生

承諾番号払い出しにも費用が発生します。

承諾番号払い出し手数料 3,000円

楽天ひかりへの登録費用

楽天ひかりに移行する際に、受け入れのために初期登録費が発生します。

事業者変更は 1,800円です。

まとめ

  • 更新月に注意する
  • 新しい光コラボは申し込みから開通日はどれくらいかかるのか確認する
  • 事務手続きに時間がかかる
  • 初期費用として5,000円程度が必要(承諾番号払い出し、初期登録費)

以上の点から、光コラボを再転用するには早めに動き始めた方がいいです。最低でも前月に行う必要があります。