【未解決】軽量Linux PuppyLinux Fossapub64を利用する-できるだけ簡単に-eMMCでは使えないのか?

FRT103を使い物にしたい

FRT103がだいぶ遅くて使いづらいです。手軽に持ち運んで使えるようにしたい。

そこで、Puppyを使って軽く動くようにします。

FRT103は、2in1 PCで、ATOM x5 8350を積んでおり、一応64bit対応になっているのですが、Win10 64bit版をインストールしようとして挫折。

Debian LXDEでの利用も快適なのですが、無線LANの認識で挫折し、こちらのPuppyLinux Fossapup64にたどり着きました。

色々試してみて、初めて挑戦する人も無難に設定が終わる事を意識した手順をまとめます。

Puppyのダウンロード

フォーラムに日本語化されたisoがあったので、こちらを利用させていただきます。

起動USBの作成

Rufusを利用して isoファイルをUSBに書き込み、起動USBを作成します。

ダウンロードしたISOファイルを指定します。

USBで起動する

作成したUSBで起動します。FRT103は起動時Delキーを押しておくとBIOS画面に入れます。

パーテーション削除

Gpartedを起動し、不要なパーテーションを削除します。

色々試していたので、不要なものは全て削除しました。

削除した様子はこんな感じ

最大領域を作って、Ext4でファイルシステムを作成します。

パーティションの作成

bootフラグも立てておきます

Puppyのインストール

puppy インストールにあたり、デスクトップ上にあるPuppyインストールを起動します。

PuppyインストールはFrugalpupを選択します。

インストールはできたものの起動しない

Puppyを使ってインストール。これはExt4にインストールします。

Boot は、fat32にインストールします。

eMMCによる不具合?

Finding puppy main sfs file …failed
Partition data not found

Install to internal eMMC won’t boot – can’t find puppy main sfs file

FAT32ならなんとかならんか?

FAT32でフォーマットしたら何とかならんかと思いましたが、やっぱり症状が変わらず、sfs file not foundで起動できませんでした。

がっかりです。

64bitインストーラ動作

FRT103のインストーラ動作ですが、ちょっと独特なところがあります。今のところ動作するものと、動作しなかったものと分類してみます。

動作したもの

  • Debian11 i386 netインストイメージ CD BOOT
  • PuppyLinux Fossapup64 USB起動イメージ

動作しないもの

  • Debian11 amd64 netインストイメージ
  • PuppyLinux Fossapup64 CD起動イメージ
  • Xubuntu 21.10 (Impish Indri)64bit USB起動イメージ
  • Lubuntu 21.10 (Impish Indri)64bit USB起動イメージ
  • Lubuntu 20.04.3 LTS (Focal Fossa)64bit USB起動イメージ