Windows2019ServerでLANカード2枚刺しルーティングできるようにする

Windowsサーバでは単純にLANカードを2枚刺してもルータにはなりません。Windowsにて、LANカード同士、違うサブネットに対してIPパケットを回すルーティングを許可する必要があります。

許可する際に、GUIを用いて許可する事が可能で、その手順を示します。

サーバマネージャ起動

役割と機能の追加

役割ベースまたは機能ベースのインストール

リモートアクセスをインストール

ルーティングにチェック

Webサーバはデフォルトのまま

最終確認をしてインストール

リモートアクセスの構成

VPNのみを展開します

ルーティングとリモートアクセスの有効化

カスタム構成

LANルーティング

最終確認