ロリポップマネージドクラウドへのお引越し Updraft Plusを利用して無料で済ます

引っ越しした時のメモ

WordPressでプロジェクト作ったらこんな感じでした。

ちょっと玄人っぽくて、管理画面へのURLはどこにアクセスしたらいいか分からない。初心者向けのレンタルサーバとはちょっと面持ちが違います。

管理画面へのログイン

WordPressのプロジェクトを作成したら、管理画面は自分でアクセスします。作成したプロジェクトURL

https://プロジェクトURL/wp-admin

をつければ管理画面へアクセスが可能になります。

引っ越し用のツールは入っていない

引っ越し用のツールは入っていませんでした。自分で引っ越しする必要があります。

継続したバックアップも行いたいので、UpdraftPlusで行いたいと思います。

移行元

移行先

どちらも、Updraft Plusを導入します。移行元で、とりあえずバックアップをとりますと、

バックアップファイルができています。一個ずつバックアップファイルをダウンロードします。

移行先へアップロード

Updraft Plusでバックアップダウンロードしたファイルを移行先へアップロードします。

って感じです。

ただ、あまり要領が大きいとアップロードが完了できません。

SSHでアップロード

公開鍵方式

公開鍵、秘密鍵を作成し、公開鍵をロリポップマネージドクラウドに登録しておきます。

秘密鍵はWinSCP上で

管理します。

公開鍵秘密鍵方式でログイン

私はTeraterm で公開鍵秘密鍵を作成し、公開鍵をロリポップマネージドクラウドに追加しておきました。この鍵は、プロジェクトごとに異なるものではなく、1ユーザすべて共通になるようです。

Updraftフォルダを作成し、ここにアップロードします。

SCPでのアップロードは、WordPressで利用するPHPのファイル転送容量制限にかからないので、そのままアップロード可能です。

アップロードディレクトリは

/var/www/html/wp-content/updraft

とする事で、Updraft Plus上でバックアップファイルとして認識されます。

後は全て復元します。

グラフィカルな感じで復元が進みます。

という事で復元完了です。

プロジェクトの削除

プロジェクトの削除も簡単に行えます。