インストールメディアHDDを作成-ISOファイルから外付けHDDにインストールメディア作成したい

USB外付けHDD

USBメモリにブートインストールメディアを作成するのはできそうですけど、USB外付けHDDにブートメディア作成できるのかな?ってことです。

Windows2019 ISOイメージ

WIndows2019サーバ搭載のDellサーバを購入したら、再インストール際に必要なインストールメディアは添付されず、ISOイメージをダウンロードする形式でした。

このISOファイル通常だったら2層式のDVDに焼くのか7.5GB程度のデータ容量で、通常の4.7GB一層式のDVDには容量オーバーで書き込みができずに困っていました。

大きなUSBメモリも手元になし。

そこで思いついたのが外付けHDDです。これにブートメディアとしてISOを展開出来たら?

Rufus

利用したのはRufusです。

展開先のUSB外付けHDDは表示されないので、「USB接続のHDDを一覧表示」にチェックを入れます。そうすると、外付けUSBHDDも一覧に表示されました。

USB 接続のHDDを一覧表示

オプションは「詳細なドライブプロパティを表示」しないと表示されませんので注意です。

USBHDDはこんな感じです

Rufusで書き込みが終わると、こんな感じで認識できます。

ISOファイルが展開されると、このようになっています。

インストールメディアとして起動

今回起動させるのはDellサーバです。

何か、BIOS上で設定しないとうまくインストールメディアの起動はできないかもしれないと思っていましたが、すんなり起動しました。

できたインストールメディア入りの外付けUSB-HDDを接続し、

F11

キーを入力してBootメニューオプション(Boot Manager)を起動させます。

One-shot UEFI Boot Menu を選択

Disk connected to front USB 1:EFI Fixed Disk Boot Device 2

ちゃんと、Bootデバイスとして認識してくれているようです。

これで無事にインストーラが走りました。

まとめ

インストールメディアHDDは作成可能!

USB 外付けキットを利用してHDDをUSB接続

Rufusを利用しISOファイルを展開