Dell PowerEdge T340をシステムドキュメントなしで購入してセットアップ

Dell PowerEdge T340

Dell でキャンペーンやってたので、定価の半額くらいで購入できました。

Windows Server 2019も、Digitally Fulfilled Recovery Image で、リカバリメディアもついていない。一体何から始めていいやら。

T340スタートガイド

スタビライザのつけ方など、設置についてのマニュアルです

DellPowerEdgeサーバースタートアップガイド

新しいDell PowerEdgeサーバーのスタートアップ ページです。この記事では、システムのインストール、iDRACの使用、Lifecycle Controller(LCC)の構成、オペレーティング システムのインストールについて詳しく説明します。

どうやら、こちらの方が知りたい情報になっていそう。

OSはDell Digital Lockerから

メールが届いていました、OS

Dell Digital Lockerでは以下の事が可能です。

  • 購入したソフトウェアのダウンロード
  • ライセンス取得済みのソフトウェア製品へのアクセス
  • アップデートとパッチのダウンロード
  • ユーザー グループや製品グループの管理
  • ソフトウェア ライセンスの利用資格の確認
  • 保証サブスクリプションの管理

Dell Digital Locakerにアクセスし、購入したアカウントでログインすると、利用規約に同意を求められます。

すると、今回購入したWindows Server のライセンスキー、ソフトウェアの入手ができるようになります。

WIndowsサーバイメージのダウンロード

Windows Server 2019 Standard,16CORE,Digitally Fulfilled Media Kit, Multi Language

そっか、ISOファイルをダウンロードして進めるんですね。

メディアがついていないので、再インストールじどうしたらいいんだろうとちょっと心配になりましたが、ISOファイルをダウンロードしてメディアが作れるなら問題なしです。

ダウンロードした、インストールメディアイメージISOは7.5GBほど、4.7GBの一層式DVDには書き込み切れない大きさです。今回のインストールメディアは外付けUSBハードディスクにしました。

サーバの起動

プレインストール状態で届く

Administratorのパスワードを決定したら、とりあえず再起動がかかった。

パーテーションサイズの決定

少なくとも60GBのOSパーティションとなっているが、OSパーティションが小さいと、アップデートなどの領域に大変な思いをする事があるので、100GBとした。

Windows2012Serverで同じ用途のサーバを構築した際は、OS込みで66.9GB利用していた。

初回起動時「OSパーティションサイズの選択」画面が表示されるので、こちらで必要サイズを確保すればOKです。

Windows2019サーバのウィルス対策

Windows2019には元々、WindowsDefenderが入ってた。以前、Windows2012では別途ウィルス対策ソフトを準備しなければならなかったが、とりあえず準備しなくてもいいので楽になった。

システムマネージメント iDRAC9

Dellサーバでは、以前ServerAdministratorというソフトで、システムのマネジメントを行っていた。最近ではiDRACというソフトを利用する

iDRACとは

私がやりたいのは主に2つ

  • システムの正常性確認
  • RAIDの正常性確認

どちらも対応可能です。

OS標準バックアップ

WindowsServer Backup

外付けHDDを準備し、Windows標準のバックアップディスクにバックアップを行う。

購入時には、Windows標準の Windows Server バックアップは搭載されていないので、役割と機能の追加から、

役割ベースまたは機能ベースのインストール → 機能 → 「Windows Server バックアップ」を選択して、インストールする。

バックアップを開始します。

サーバ全体でもいいですが、データなどが不要な場合は、カスタムにします。何しろ起動イメージとして取得したかったので今回はカスタムにしました。

ベアメタルバックアップを行う事で、Windowsの状態をそのまま復元可能

サーバ名の変更

PC 右クリック → プロパティ → システムの詳細設定 → コンピュータ名にて変更する

リモートデスクトップサービスのインストール

インストール方法はここのサイトが一番わかりやすい

リモートデスクトップサービスのインストールと構成

この状態だと、まだリモートデスクトップライセンスサーバが稼働していない。

ライセンスサーバをローカルにインストールして稼働させるためには、サーバの役割、リモートデスクトップサービスの中にリモートデスクトップライセンスをインストールする。

管理するためのツールは、

機能→リモートサーバ管理ツール→役割管理ツール→リモートデスクトップサービスツール→リモートデスクトップライセンスツールをインストールする

すると、リモートデスクトップライセンスマネージャーがインストールされる

リモートデスクトップライセンスマネージャを起動すると、アクティブ化されていないライセンスサーバが確認できます。

アクティブ化します

アクティブ化すると、同時にライセンスのインストール画面に切り替わります。ライセンスはRDS CALと呼ばれているもので、今回はDell のBTOの中に入れて購入しました。

その方が、代理店を通すより安い金額で手に入りました。

必要事項を入力しつつ、次へ、次へと進めていくと無事にライセンスがインストールされました。

パーティションサイズの変更

Cドライブは100GBで設定したけど、やっぱり120GBくらいは欲しいかなと思い始めました。

ディスクの管理→対象のボリュームを右クリック → ボリュームの拡張

未割当の領域があれば、ボリュームの拡張でGUI上でそのままディスク領域を拡張する事ができます。