Amazon EC2 リモートデスクトップ接続ができない時に確認する事

Amazon EC2は稼働しているか?

インスタンスが実行中になっているか?

チェックに合格しているか?

スナップショットを取得してみる

Windowsサーバが稼働しているか、スナップショットを取得してみる

Windowsが稼働しているとm、ログイン画面が表示される

パブリックIPアドレスが取得されてる?

パブリックIPアドレスが取得できているか?

サブネットのルートテーブルにigwが設定されているか?

サブネットのルートテーブルにigwが設定されていないと、インターネットとの接続ができません。

確認方法、手順は様々な手法でできますが、

例としては、EC2 → インスタンス → VPC

メインルートテーブルを開きます

下段のルートを確認し、igwが設定されていなければ、ルートを編集します。

igwのルートを追加します

VMのパスワードは取得できてる?

vmのパスワードをちゃんと取得できているのか確認する

パスワードを取得する際には予め決めておいた、キーペアが必要。

パスワードをコピーする時にはコピーアイコンでコピーするのが無難です。

セキュリティグループに3389ポート許可してある?

セキュリティグループはファイヤーウォールの役割をするので、ここでリモートデスクトップ接続のポートを許可しておかないと、リモートデスクトップはできません。