50%が受け取れない?ーキャッシュバックがすごいauひかりの評判

auひかりの評判

そこそこ早いという評価、速度的には満足しているという内容が多いです。

【回線速度】そこそこ速い【ご利用料金】ちょつと高くかんじる【サービス】ふつう【セキュリティ】悪く感じたことはない【サポート】不満に感じたことはない【総合】回線速度が速く他はそれ程不満に感じたことはないのでそれなりに満足している

【回線速度】速くてまんぞくしている【ご利用料金】まいつきたかくかんじる【サービス】普通【セキュリティ】ある安全安全【サポート普通普通【総合】回線速度にはまんぞくしているが利用料金をもっとさげてもらいたい

【回線速度】最高で上りで760Mb/s出て満足しています。

【ご利用料金】月々の料金が光電話を付けて5,390円と、プロバイダ料金の中では一番安いと思っています。満足しています。

【サービス】so-netのWEBメールに添付ファイルの付け方が分からないので、チョット不満です。

So-net 光(auひかり)

回線速度については満足している評判が多い

公式特典!初期工事費実質0円!最大41,250円割引!おトクにauひかりをスタートできる!

auひかりとは

auひかりでは8種類のプロバイダから利用したいプロバイダを選ぶことができます。

  • So-net
  • BIGLOBE
  • @nifty
  • @T COM
  • au one net
  • DTI
  • GMOとくとくBB

So-netを選んだ場合、So-net光(auひかり)という名称で呼ばれます。

基地局から各家庭まで光ファイバーが繋がっている配線方式で、フレッツ光はNTTが所持している光ファイバーですが、auひかりはKDDIが所持している光ファイバーになります。

また、独自でFTTHを準備していない地域はNTTからダークファイバーとして光回線を借り受けて全コークサービスを展開しているものと思われます。つまり、KDDIとNTTの2種類の回線をエリアによって使い分けてサービスを提供しています。

提供エリアの確認

auひかりは、提供エリアが限られるのでまずは事前に契約したい場所で、auひかりが使えるのかを確認する必要があります。

サービス提供エリアかの確認。auひかりホーム(S)1ギガ提供中

auひかりでweb申し込みすると標準価格が分かります。

3年縛りを入れると月額基本料金は1年目5,100円

それに電話契約をプラスして500円

初期費用は37,500円 です。

プラン

ギガ得プラン、標準プラン:契約期間による割引を表す

標準プラン:最低契約期間なし

ギガ得プラン:2年縛り

ずっとギガ得プラン:3年縛り

回線速度による契約

ホーム1ギガ

ホーム5ギガ ホーム1ギガより5倍速い超高速回線

ホーム10ギガ ホーム1ギガより10倍速い超高速回線

auひかりには、主に「ギガ得プラン」と「標準プラン」があります。「ギガ得プラン」は契約期間がある代わりに料金が割安になっています。「標準プラン」には契約期間の制限はありませんが、「ギガ得プラン」と比べると少し高め料金となっています。

「ずっとギガ得プラン」

1 年目が 5,610 円、2 年目が 5,500 円、3 年目以降が 5,390 円となります。

裏がある「ずっとギガ得プランはお得」なのか?

ずっとギガ得プランは、

1年目 6,160円(税込み)

2年目 6,050円 (税込み)

3年目以降 5,940円 (税込み)

使えば使うほどお得になるプランです。標準プランの7,480円と比べてかなりのお得感が出ます。もちろんこれにも裏があります。

3年単位で自動更新されます。解約・プラン変更された場合、契約解除料税込16,500円がかかります。(契約満了月の当月、翌月、翌々月の3カ月間を除く)

解除月を間違うと、痛い目にあうプランです。ただ、解除料16,500円と考えれば月々1,000円以上お得なので、ざっくり2年以上使ってれば解除料分くらいの価格差になります。

長く使うつもりなら全く問題にならないプランだと思います。

NTTで利用していた電話番号は使えるか?

番号ポータビリティー制度などにより、従来よりNTT東日本・NTT西日本の加入電話 (アナログ・INSネット64)で使っていた電話番号などは、auひかり 電話サービスでも継続してご利用いただけます。

電話サービス:よくある質問

加入電話番号は1つだけ

1契約で複数の加入電話番号(03-など)をご利用いただくことはできません。050番号(1つ) をお申し込みいただくことは可能です(オプション)

着信転送:電話オプション(光ファイバー auひかり)

着信転送サービスは使える?

ご契約回線に着信があった場合に、あらかじめ設定した転送先に電話を接続するサービスです。用途により「無条件転送」、「スケジュール転送」、「話中転送」の3つの機能をご利用いただけます。

着信転送サービスが有効になっている間も、話中でなければ固定電話からの発信は可能です。

着信転送:電話オプション(光ファイバー auひかり)

着信転送サービスの注意

着信転送は、開通と同時に利用開始は不可能です。開通後、オプション申込書を送付し、受理されたら利用開始となります。オプション申込書を受領後早くて2週間くらいで有効になるようです。

さらに、オプション申し込み時に少し困ったことがおきました。

本人確認書類として、登記簿謄本(登記事項証明書)を送付する事になったのですが、契約の住所と、登記簿謄本に書かれている住所は同じでなければならないそうです。

うちは単立法人・私は支店長みたいな役割で今回導入したのは支店です。

契約住所は支店になっていたのですが、登記簿謄本には本部住所が記載されています。auひかりにオプション申込書は提出するのですが、住所変更はプロバイダであるSo-netに連絡しなさいとの事。

なんか色々面倒ですが、So-netに連絡して、契約住所を変更してもらいました。

着信転送サービス開始まで開通後2週間以上かかる

氏名・住所は契約者情報と一致しなければならない

登録してある住所の種類

  • 契約住所
  • 書類・請求書送付先
  • 機器設置場所

この3種類があるそうで、

プロバイダ管理

  • 契約住所

KDDI管理

  • 書類・請求書送付先
  • 機器設置場所

それぞれ問い合わせ先が違います。

So-net問い合わせ電話番号:0120-80-7761

KDDI問い合わせ電話番号:0077-777(通話料無料)

auひかりは法人契約可能

月額料金が高い「法人向けプラン」ではなく、おトクな「個人向けプラン」の光回線が法人名義でご契約可能です!

裏があるけどお得な初期工事費無料

代理店が行っている多額のキャッシュバックやキャンペーンを利用すると、初期工事費無料で始められる事があります。

現在auひかりの初期工事費は無料でキャンペーンを行っています。

これは公式サイトでもうたわれているので、auが行っているキャンペーンです。しかしながら注意が必要です。

キャンペーン適用には3年間の契約をしなければなりません。

初期工事費相当額、最大37,500円(税込41,250円)割引でauひかりをおトクにはじめられる!※auひかりホームの場合

auひかり

初期工事費無料には少し裏があります。

ネット・電話それぞれの開通月の翌月から割引致します。割引回数はプランごとに異なります。割引期間中に解約された場合、割引は継続致しません。また 、解約月の割引額は日割致しません。

実質無料と書いてあるのがミソです。

初期費用は3年間分割で支払う事ができます。この3年間の支払いを月々割り引きますよという事で、実質的に無料になります。

つまり、3年経過しないうちに解約すると、残りの分は残債として請求されます。

3年経過せずに解約すると残債発生

3年間契約変更しない予定なら、使わない手はないという割引です。

ONUルータの仕様は?

現在契約すると、無線LAN機器 BL1000HWがレンタルできるようです。月額500円です。

ONUは別に存在するのでしょうか?

Screenshot of www.aterm.jp

問い合わせたところ

ONU + ホームゲートウェイ(ひかり電話TELポートがつく)2つセットでの貸し出しになる。

ホームゲートウェイの型番は、

NEC BL1000HW

との事。IPoEの認証が入っている機械になる。IPoE接続だけの提供になるとの事でした。また、今回無線LAN機能は不要と伝えてあり、レンタル機器は「 BL1000HW 」との事です。

内臓無線機能があり、auに申し込みを行って月額550を払い、電源抜き差しすると無線LANが使えるようになるとの事。センターと通信して、内臓無線機能を有効・無効にスイッチできるという事ですね。

ポートフォワーディング可能

ポートマッピング設定で設定可能

シリアル(機器の製造番号)とMACアドレスをAUシステムに登録して出荷。この情報で認証をとってインターネット接続をさせている。

IPoE方式は使える?

IPv6使える

IPoEはどの方式

IPv4とIPv6の通信がそれぞれ可能なIPv4/IPv6デュアルスタックでの提供

IPv4アドレスと、IPv6アドレスを同時に利用する方式です。

ネットワークに接続する端末1台につき、IPv4アドレスとIPv6アドレスの両方が割り当てられ、どちらのアドレスでも利用出来るようになります。

つまり、IPv4 over IPv6接続のような接続方法ではなく、IPv6でカプセル化するような事はしないってことです。

BL1000HWポートフォワーディング

グローバルIPアドレス 動的IPアドレス 電源再起動で変わる。

ポート開放

PPPoEとの併用は可能?

契約上IPoE接続だけ

PPPoEは利用できない

現在利用中のNTT撤去費用はない

NTTに撤去費用は存在しません。その辺は王道のNTT。王者って貫禄です。そのまま設備を残しておいた方が後々有利なんでしょうね。

ただ、フレッツの2年割りなど、2年間解約しないことに割引を受けている場合は費用が発生するのでこの点は注意が必要です。

NTTフレッツひかり解約手続き

解約手続きは、工事のおよそ10日前くらいに行う必要があるそうです。電話で解約手続きができますが、これも伝え方にコツがあるそうで、auひかりの方から連絡がありました。

NTTへ連絡 0120-116-116

9:00 -17:00

連絡を行う期間 11/11 – 11/15 まで

連絡の際伝える 「AUひかりと同時工事のため11/24付で解約希望」

au解約金工事費

auひかりの評判を著しく落としているのが解約金です。

設備の撤去費用2万8800円(税別)

「auひかり ホーム」は、自宅に回線を引き込む際、近くの電柱からドロップケーブルで受け渡す形になります。契約終了後も設備を残置していると、雪や自然災害などでケーブルが垂れたりした際の保守など維持管理にコストがかかります。また、設備やネットワーク面でのコストもかかってきます。

高すぎ? 「auひかり ホーム」解約時の撤去費「2万8800円」の理由 「拒否したら賠償金」の記載は「修正する」とKDDI

速度が遅くなってしまったら?

すぐに解約する事はできるのか?

8日間のクーリングオフが効くそうですが、それにしても初期工事費はかかってしまうとの事。auひかりはそんなに混雑する事もないでしょうし、速度についても評判はいいので大丈夫だろうとふんでいるのですが。

キャッシュバックには注意が必要

キャンペーンコードが発行されます。

キャッシュバック金額はうちの場合は5万円との事でした。キャッシュバック金額には差があり、NTTの解約違約金が発生する場合はその分の料金もキャッシュバックされるとの事です。

キャッシュバックは2回行われます。

So-netからのキャッシュバック

申し込み1週間後、auひかり申込書兼NTT東日本契約解除申込書が届きました。こちらを提出してから申し込みが始まるようです。

その申込書と同封されていた資料より、キャッシュバックはSo-netから2万5千円が支払われます。

また、小さい字で受け取りのための注意事項が書いてあります。

サービス開始から4か月目の15日より、キャッシュバック受け取り専用webページにてお手続きいただけます。

まず、キャッシュバック受け取り手続きは4か月経過後です。これ忘れていると、キャッシュバックは受け取れません。

キャッシュバック受け取り期間は45日間となります。期間内にお手続きされない場合、無効となりますのでご注意ください。再発行は賜っておりません。

忘れて受け取れない人多発しそうです。

申し込みからサービス開始まで時間もかかりますので、いつから4か月かという認識を自分で行っておかないとなかなか受け取れなさそうなキャッシュバックになっています。

キャッシュバック専用webページ

https://www.so-net.ne.jp/uketori/cb-info.html

販売代理店からのキャッシュバックに注意

販売代理店からのキャッシュバック2万5千円

連絡先として登録した携帯電話番号に対し、開通11か月後にキャッシュバックに関するショートメールが届く 

11月開通の場合翌年10月1日から10月30日までに申し込みが可能で11月末日に振り込みになる

2回ショートメールが届くとの事で、2回目を落とすとまたやっかいな事に。

キャッシュバック問い合わせ先

ちゃんとキャッシュバックが受け取れる人は50%程度

電話口の担当の方が言ってらっしゃいました。

キャッシュバックを逃さないために

重要事項の同意

工事日が決まると、代理店より重要事項の同意が届きます。これはスマホにSMSに届きました。このSMSも巧妙で、工事が終わらないと、同意申請しても無効になるそうです。

ちゃんと、工事が終わった後、同意しないと。

So-netからのキャッシュバック

auひかりが開通したら、そこから4か月目の15日以降、45日間の間に申請しなくてはいけません。

11/24が開通日なので、 2月15日からになると思いますが、開通月が1か月満たないので1か月とみなすかどうかを問い合わせておかなくては。

カレンダーなどリマインダー機能に登録しといた方がいいと思います。特にSo-netからはお知らせがないようですので。

販売代理店からのキャッシュバック

11/24に開通すると、翌年12か月目の 10月1日から10月30日 の間にSMSが届くとの事。こちらの方はまだ良心的です。SMSを待っておけばいいですね。

担当者によって言う事がじゃっかん異なるので、ちょっと注意必要です。リマインダでしっかり確認しておいた方がいいですね。

開通後すぐは電話は使えない

実際開通しました。NTTがきて、古いNTTのONU機器を撤去して、新しく、auひかりのONUを設置してくれました。

auひかりでは、ひかり電話対応ルータも貸し出ししてくれます。貸し出し機器はBL1000HWで、NECのAtermです。つくりはしっかりしているので、家庭用のAtermよりかは少し上のランクの品質設計になっているのではと期待したいです。

朝9時に工事業者がきて、auひかり自体はすぐに利用できるようになったのですが、電話番号の移転には時間がかかるらしく、利用できるようになるのは午後5時くらいとの事です。

「おかけになった電話番号は、現在使われておりません」

というアナウンスが流れ、何とも言えない気分になりました。

開通後のインターネット速度

開通前、NTTフレッツ契約、プロバイダはOCNで契約していました。

インターネット速度は、調子が悪いと4Mbps~5Mbpsまで落ち込む事がありました。それをIPoE形式で接続し90Mbpsくらいまで回復していたのですが、ONU自体が古くそれ以上の速度は出ませんでした。

auひかりに変えた後の速度は、600Mbps前後とすごい速度になっています。

ちゃんとauひかりにつながっています。

重要事項に同意

キャッシュバックをちゃんと受け取るためには留意しなければならない事が多くあります。そのうちの一つが、工事完了後に「重要事項に同意」する必要があります。

この中の表記もちょっと気なるところがあります。

重要事項6

「上記申請フォームURLの未着時の再送処理は重要事項同意日の翌月末までです。」

この重要事項同意後、キャッシュバック口座登録用の申請フォームがまたSMSで送られてくるそうなのですが、これが来なかった場合、その翌月までに言わないと、もう送ってくれないそうです。

しかも、実際にキャッシュバックが申請できるのは11か月後の翌年9月になるとの事。

なんだかキャッシュバック申請できなくする罠が色んなところにしかけてありそうで怖いです。

OCN解約

OCNの解約はwebから行う事ができます。

これを忘れると、OCNだけずっと請求が続いてしまいます。

So-netマイページでキャッシュバック情報確認

So-netからのキャッシュバックはマイページで状況確認できます。

So-netメールアドレス宛に、案内メールを送ってくれるそうなので、ちゃんとSo-netメールも確認しておかなくては。

キャッシュバックは2月15日からというのをちゃんとリマインドしとこ。

キャッシュバック日程

取次店

  • 2022/11 重要事項同意申請フォームを送付
  • 2022/11 口座登録URL送付待ち、こなかったら12月までに連絡しないと無効になる
  • 2022/9 口座登録URLにて申請
  • 2022/10支払い

2022/11に口座登録URLが送付されてくる

キャッシュバック申請フォームです。https://*******/**
申請月の2022年10月中にこちらから口座登録お願いします。

すぐに登録させてくれれば、忘れる事もないでしょうに、いたるところにキャッシュバックを受けさせたくないのかなと思われるような策が講じられているので注意しましょう。

So-net

2022/2 キャッシュバック申請 ※So-netメールを受信できるようにしておくこと