間違って削除されたりしないようにこのオブジェクトは保護されています。

OUが消せない原因

新しいオブジェクト作成時に

間違って削除されないようコンテナーを保護する

にチェックが入っているから

これだと削除できなくなる。

削除するための十分な特権がないか、または間違って削除されたりしないようにこのオブジェクトは保護されています。

削除方法

Active Directory ユーザとコンピュータ

拡張機能をチェック

OUのプロパティに、オブジェクトタブが表示されるようになり、

誤って削除されないようにオブジェクトを保護する

のチェックを外せるようになる

チェックを外せば削除可能