独自SSL(Let’s Encrypt)無料を利用しつつ、カスタムドメインの設定も行いたい

独自SSLはネームサーバ情報をレンタルサーバに向けなくてはいけない?

管理しているドメインで、レンタルサーバ上での独自SSL(Let’s Encrypt)を利用しつつ、さらにサブドメイン設定としてAレコードや TXTレコードを自由に設定できるのだろうか?といった疑問をもちました。

やりたい事

独自SSL(Let’s Encrypt)無料を利用してホームーページを表示したい

  • lets-note.tokyo
  • www.lets-note.tokyo

サブドメインとして、Aレコードを設定しカメラIPを公開したい

  • camera.lets-note.tokyo

想定しているシチュエーションは、固定IPを取得してライブカメラなどをweb公開したいみたいな感じです。

ムームードメインとロリポップ環境

私が利用しているのは、ムームードメインと、ロリポップの環境になります。

上記設定は、ムームードメインとロリポップ!レンタルサーバの組み合わせ、もしくは、GMOが提供しているカラーミーショップheteml レンタルサーバーJUGEM PLUS(ブログサービス)プチ ホームページサービスグーペ(飲食店ホームページ)でなければなりません。

つまり、独自SSL(Let’s Encrypt)を利用しつつ、さらにサブドメイン設定としてAレコードや TXTレコードを自由に設定するためには、DNSサービスもホームページを扱うレンタルサーバサービスも、GMOを使わなくては実現できないという事です。

ムームーDNSをネームサーバとする

ムームーDNSへログインします。

ネームサーバ設定変更にて、ムームードメインのネームサーバ(ムームーDNS)を使用するにチェックを入れて設定します。

この操作により、ムームーDNSのネームサーバ機能が有効になります。

※特に該当ドメインにおいてAレコードなどを使いたいなどの要望がなければ、ネームサーバ設定は、ロリポップ!レンタルサーバにしておくと便利です。何も考えなくても独自SSL(Let’s Encrypt)無料が利用可能です。

独自SSL(Let’s Encrypt)無料使用のための標準的な設定

Aレコードとかよく分からないけど、とりあえず独自SSL(Let’s Encrypt)無料を利用したいだけの方は、ムームーDNSで取得したドメインのネームサーバは「ロリポップ!レンタルサーバ」に設定しておきます。これだけ。

ロリポップのムームーDNSへ移行画面を見ると

ロリポップDNSを利用中と表示されており、ロリポップ上で独自ドメインを設定すれば、そのままネームサーバに反映され、何も考えずに独自SSL(Let’s Encrypt)無料が利用できます。

ロリポップ!レンタルサーバ上での設定

ムームーDNSへの移行

元々、ロリポップ上で独自ドメイン設定を行った際にはDNS情報はロリポップDNSを向いています。

ロリポップDNS = ネームサーバ

となっているわけです。ロリポップDNSでは、Aレコードなどを追加する機能はありませんので、これを、ロリポップDNSからムームーDNSへ移行させます。この作業により該当ドメインのネームサーバの取り扱いをロリポップ!レンタルサーバからムームーDNSに設定変更します。

ムームーDNS = ネームサーバ

となります。

ムームーDNSでの設定

すると、このような画面になっています。

これにより、

lets-note.tokyo

www.lets-note.tokyo

ロリポップを利用する事ができます。サポートの方に連絡すると、指定されたドメインが「ロリポップのサーバを向いている状態」と表現されます。

独自SSL(Let’s Encrypt)無料を利用するためには、ロリポップのサーバを向いている必要があります。

ムームーDNSカスタム設定

ここで、カスタム設定ボタンを押すと、Aレコードだけではなく、CNAMEやTXTといった普通に使えるDNS設定を行う事ができるようになります。

Aレコードを設定すると、以下のようになります。

DNS反映状況を確認

https://lets-note.tokyo および、https://www.lets-note.tokyoは、どちらも問題なく表示できますし、camera.lets-note.tokyoで設定したサブドメインの正引き情報も指定のIPアドレスで戻ってきます。

カスタム設定でもサブドメインで独自SSL(Let’s Encrypt)無料が利用可能

ロリポップDNS = ネームサーバ

という設定であれば、どんなサブドメインを作っても独自SSL(Let’s Encrypt)無料は利用可能です。

ムームーDNS = ネームサーバ

とした時に、サブドメインを設定したら独自SSL(Let’s Encrypt)無料は使えるのでしょうか?

ロリポップ上でのサブドメイン設定

ロリポップ上にサブドメイン設定をしてみます。

sub01.lets-note.tokyo

作成しようとすると

ムームーDNSのIDパスワードを聞かれます。ネームサーバ認証が通ると

となりますので、このまま設定します。

サブドメインが登録されているかムームーDNS確認

サブドメインが登録されているか確認してみます。ちゃんと、サブドメインが追加されており、ロリポップを使うようになっています。

ロリポップで独自SSL(無料)を設定

独自SSL(無料)の設定ができます。

なんか、いたれりつくせりな感じで嬉しいです。