低価格監視カメラ Tapo C100が届いた-設定とか

低価格ネットワーク監視カメラ

TapoC100かなりすごいです。

実質2,500円で購入できるのに、かなり高機能・高解像度なネットワークカメラになっており、簡単に設定をする事もできます。

動体検知機能はもちろん、ナイトビューも搭載。

スマホがあれば、手軽に設定できるのもいいです。

Tapo C100の設定

設定していて気付いた事

Wifiは802.11gしか対応してないようで、802.11aは拾ってきません。

簡単設定方法

パソコンいらずで設定できます。

  1. スマホに TP-Link Tapo をインストール
  2. アプリにログイン(メールとパスワード設定をする)
  3.  iPhoneのWifi設定を開き、 無線LANアクセスポイントTapo_Cam_XXXXに接続したら、Tapoアプリに戻る 
  4.  カメラを見つけると、カメラを接続するWi-Fi選択画面に移ります。普段利用されているWi-Fiを選択し、そのパスワードを入力
  5. ペアリングが完了したらカメラに名前を付ける

Windowsで見たい!

標準アプリでは対応しておりませんが、Windowsでも監視する事ができます。

2分以上映像を続けて見ていますが継続しますか

Tapoカメラを使ってスマホで映像を流していると、「2分以上映像を続けて見ていますが継続しますか」と、毎回警告が出ます。結構これが面倒で、いちいちタップしないと映像が見れなくなります。

これは、

スマホが接続しているWifiと、カメラが接続していWifiが違う場合

に発生します。Wifiと書きましたが、厳密にいうとネットワークになります。5Gや4Gなどキャリア回線で接続してみている時に、データ通信量がかさんでしまうので、これを回避するための機能です。

Wifiネットワークを複数作成して、カメラの接続が複数のWifiに接続されている場合もこの問題が起こります。

この時には、メインで見るカメラを決めておき、そのカメラと同じWifiネットワークをスマホ属させます。すると、このメッセージはでなくなります。

サポート情報