Excel条件付き書式で1行ずつ塗りつぶす

特定のセルが、空白でなくなったら、その1行が塗りつぶされるように条件付き書式を設定します。

今回は、「確認」の日付が入るE列に、文字が入ったら、その1行が塗りつぶされるように設定します。

条件付き書式

まずは、書式を設定したい一行を選択しておく。その後、「条件付き書式」メニューをクリックする。

条件付き書式メニューを押すと、下記のようにメニューが表れる。

新しいルールを選択

書式ルールの編集ダイアログが表示される。

=$E2<>""

この中で重要なのが、全体参照の位置です。

=$E2がポイントになり、今回列方向にコピーしたいので、Eの前だけ$をつける。これが、$E$2だと一行に色はつかない。

書式のみコピー

列を選択して、コピーする。

その際は「書式のみコピー」を選択し、必要な列に同じ設定をしていく。この時に、条件が絶対参照設定になっていると、うまくコピーできない。

つまり、 $E$2となっていると、指定した行に値が入った時ではなく、$E$2に値が入ると全ての行の書式が設定されてしまう。