PowerApps Excelを元にアプリをローコード開発 数式を含むExcelファイルは現在サポートされていません

ローコード開発やってみます

Excelをデータ元にして、ローコード開発をしてみます。

手順はこちら

  • 手順 1 – データを Excel のテーブルとしてフォーマットする
  • 手順 2 – Excel ファイルをクラウド上に保存する
  • 手順 3 – Power アプリのデータ ソースとして Excel を追加する

Excelにテーブル作成

Excel に住所録データを作成し、テーブル指定します。

$A$1:$W$219 に住所録名簿があります。

できたデータは、OneDrive上に置きました。

PowerAppsにてデータ接続

テンプレートの中に、Excelとの接続があるので、Excelを選択します。

接続のOneDriveを選択すると、保存したExcelファイルが確認できます。該当のExcelファイルを選択すると、設定したテーブルが表示されます。

すると自動的にアプリが生成されます

これだけでアプリが完成します。

思ってた列が表示されない

name,kana,add1,add2,memo,sex,birthday,job

といった列があるのですが、なぜか、nameが表示されないので、追加します。

テキストラベルを配置し Text の欄を ThisItem.nameとしたら必要な名前が表示されるようになりました。

状況欄を追加

例えば顧客名簿だとして、その顧客との商談の様子を確認するための、状況欄を追加します。

jokyoフィールドを作成

テーブルを作成して、Excelを閉じます。

テーブル反映には少し時間がかかる

やってて思うのですが、テーブルを作成した後少し待たないと、PowerApps側には反映されないようです。

状況欄というテーブルにしたのですが、出てきません。

しばらくすると出てきます。3分ほど待ちました。

状況欄の編集までできるようになりました。

まとめ

特別な勉強をしたわけではないのですが、Accessを知ってるくらいのレベルで、すいすい作成する事ができました。パソコンで作成したアプリが、そのままスマホ、タブレットでも利用でき、今後の可能性を感じます。

エラー発生

数式を含むExcelファイルは現在サポートされていません

Null という文字列が入っていたのがいけないのか、よく分かりませんがとりあえずNullという文字列を削除して、新しいシートに値だけを貼り付けなおしたら、このエラーは出なくなりました。

要求されたリソースはロックされています。

編集したExcelファイルは閉じておかないとダメなようです。Excelファイルを閉じたら、このエラー出なくなりました。