ロリポップ モバイル4倍、PC2倍 驚くほど速いハイスピードプラン さくらのレンタルサーバーとの比較

現在 契約期間1年分追加キャンペーン中

ロリポップのハイスピードプラン月額500円

ハイスピードプランが500円で利用できるようになりました。

超高速で評判です。わたしは、バックアップシステムが優れているさくらのレンタルサーバーを利用しておりましたが、最近アクセス数も多くなり、プランをアップグレードしなくてはいけないかなとおもっていたところでした。

そこでみかけたのが、以前は月額1,000円で提供していたハイスピードプランが3年契約で月額500円で利用できるとの事。

だけど本当にこのハイスピードプランは早いの?と疑問が沸き、試してみました。

結論 モバイル3.8倍速、PC1.95倍速

PageSpeed Insightsのスコアを比較した結果。まったく同じホームページを表示するのに

さくらのレンタルサーバー スタンダード

モバイル13、PC44

ロリポップレンタルサーバ ハイスピードプラン

モバイル50、PC86

というスコアをマークしました

モバイルで3.8倍、PC表示で1.95倍のスコアがをたたき出しています。これはすごい差です。

これだけ差があると、体感できます。ロリポップのハイスピードプランの方が断然表示する速度が速いし、編集していても、WordPressがサクサク動きます。

ロリポップ!

無料お試し10日間

無料お試しに申し込みました。

引っ越しは超簡単

引っ越し元のWordPRessユーザ名、パスワードを入力するだけで自動的に引っ越しが可能です。これは楽ちん。

データ元の容量は4GBほどあったのですが、あっという間に引っ越しが完了しました。5分もかからないようです。

引っ越しがうまくいかない場合

Microsoft Edge(マイクロソフト エッジ)で引っ越し試そうとしたらユーザ名、またはパスワードが違うとしてうまくいきませんでした。

Google Chromeに変更して引っ越ししたところ問題なく進みました。

ページを表示させてみる

すごい。これだけの操作で本当に引っ越しできてしまいました。この簡単な操作は圧巻です。これはGMO恐るべし。やっぱり勢いある会社はすごいな。ちょっと感動してしまいました。

ドメインの移行

ムームードメインを利用しているのでロリポップへ移行する

ムームードメインで取得したドメインをそのまま公開フォルダに設定します。

ムームードメインの設定をロリポップのネームサーバに変更後時間が経過していないためか、whoisに反映されておりませんという警告がでるが、無視して設定する。

ムームードメインにDNSを移行する

無料の独自SSLを利用する

無料の独自SSLを利用できるようになるまで少し時間がかかる。

前項で行った、ムームーDNSを利用し、利用先サービスを「ロリポップ!」にする必要があります。

Let’s Encryptが有効になるとこうなる

WordPressドメイン設定

引っ越し当初は、WordPressアドレス、サイトアドレスが引っ越し先のアドレスになっているので、設定した独自ドメインのアドレスに変更します。

1~2日間は、ドメイン情報が反映されるまで、引っ越し元のサーバ、今回設定したロリポップのサーバへのアクセス状態が不安定になります。

さくらのレンタル PageSpeed Insights

モバイル 13

PC 44

ロリポップ ハイスピード(ドメイン移行後)

モバイル 50

PC 86

早速契約19,800円

3年契約19,800円。月額税込み550円です。こんなに早くなるなら、移行して正解です。

まとめ

やっぱりロリポップのハイスピードプランの方がはやい!

ロリポップ!