WordPressでメーリングリストサーバを構築 WP Mailsterプラグイン

メーリングリスト

メーリングリストサーバを構築するにもお金がかかりますが、レンタルサーバで、ワードプレスを管理しているのであれば、ワードプレス上でメーリングリストサーバを構築する事ができます。

WP Mailster

  • 電子メールによるグループコミュニケーション
  • POP3 / IMAPメールアカウントで使用可能
  • 受信者はWordPress管理エリアで管理できます
  • ユーザーは、Webサイトのウィジェットを介してサブスクライブ/サブスクライブ解除できます
  • すべてのWPユーザーを受信者として選択でき、追加の受信者を保存できます(WPユーザーとして作成する必要はありません)。
  • ユーザーはグループにまとめることができます
  • メーリングリストの受信者として、単一のユーザーまたはグループ全体を追加できます
  • メーリングリストメッセージへの返信は、すべての受信者(または送信者のみ)に転送できます。
  • メールを閲覧するためのメールアーカイブ
  • HTMLメールと添付ファイルの完全サポート
  • カスタムヘッダーとフッター
  • 件名のプレフィックス
  • さらに多くの機能

インストール

新規プラグインのインストール画面にて検索窓に 「WP Mailster」と入力して検索します。

設定項目ははこれくらいあります。

レンタルサーバ上にメールアドレス作成

メーリングリストで利用するメールアドレスを作成します。ここで作成したアドレスがメーリングリストで利用するメールアドレスになります。

ロリポップ利用中です

メールアドレスを作成すると、そのメールをメーラで送受信するための情報が表示されます。

この設定に合わせて Add Serverします

受信メールサーバの設定

メールが送られてくるメールサーバを設定します。

送信メールサーバの設定

メール送信サーバの設定

メーリングリストの追加

New Mailing List

General タブにてメーリングリスト名、メーリングリストアドレス、メーリングリスト管理者アドレスを追加

メールが送られてくる受信用のメールアドレスを作成

受信用のメールアドレスを設定します。

Serverは先ほど設定した受信用のサーバを設定します

Test connection を押して

Inbox settings OK が表示されれば受信OKという事です。

Sender setting

送信用のメールアドレスを設定します。

設定できたら Test connectionをクリックします。

正しく設定ができていると「Sender settings OK.」が表示されます。Adminアドレスに設定されたアドレス宛にテストメールも送信されます

This is a test message sent from the mailing list 'cpmaster' at the webpage 'mail01'
You receive this email because you are the admin of the list.

Working settings:
----------------------
Host/Server: smtp.lolipop.jp
Port: 465
User/Login: mail01
Password: ****** (hidden)
Secure setting: SSL
Use secure authentication: Yes

If you use a public mail provider consider sharing your settings with others users (-> https://wpmailster.com/doc/mail-provider-settings)

登録者のみが送信できる設定

List behaviour 設定の中で、Allowed to send/postを以下のように設定します。デフォルトでは、誰でも送れるようになっています。

メールタイトルを変更しない

これやっとかないと、勝手にメールタイトルが消されます

無料バージョンの制限

50メールアドレスまで登録可能

メーリングリストはサイトに対して5メーリングリストまで

WordPressへのWP Mailsterのインストールは無制限

レンタルサーバ上の制限

レンタルサーバにWordPressを無制限にインストールしていけば、無制限にメーリングリストを作れる事になりますが、レンタルサーバ上の制限も受ける事になります。

ロリポップの場合、独自ドメインを取得してしまえば、メールアドレスは無制限に量産可能でWordPressも無制限に作成できるので、実質制限を受けないという事になります。

※ハイスピードプランの場合

メールボックスに2GBの制限がありますが、WP Mailsterがメーリングリストとしてメールを受信する際に、メールを削除してくれるのでこれも制限をうけません。

CRON設定しないと配送されない

Mailsterは、PHPベースのWebアプリケーションであるWordPressの一部です。つまり、トリガーされないと動作/実行できず、トリガーされたときに永久に実行することはできません。これは、MailsterやWordPressではなく、PHPに起因する技術的な制限です。

トリガーとは、誰かがサイトにアクセスすることを意味します。ページの読み込み中、Mailsterは実行するジョブ(メールの取得/送信)を処理しています。したがって、メールは誰かがあなたのサイトを閲覧しているときにのみ送信/取得できます。そうでない場合、配信が遅れるか、まったく実行されません。

レンタルサーバのCronを消費しなくてもいいようシェルスクリプトにして、シェルスクリプトを実行するようにします。

-O つけて出力先を制御してあげないと、ファイルがどんどんできちゃうので最終的にこうした。

cat cron2mailinglist.sh
#!/bin/bash

wget http://ホームページ/mail01 -O cronmail01.log

 

cron実行設定はこんな感じ